「ダイエットの停滞期」何故起きて、どう乗り越える!?




停滞期はダイエットをやる上で絶対に、ぶつかる壁です。停滞期が来たからと言って、焦ってしまってはいけません。ちゃんと対応する事でダイエットを成功させましょう。

停滞期とは?

ダイエットを始めて、順調に体重が減っていたのに、ある時から全く減らない状態になる。

これが『停滞期』と言うものです。

何故起きるのか?

そもそも、人の体には、ホメオスタシス(恒常性)という機能が備わっています。

ホメオスタシスとは、生きるため、体を維持するため、それ以上体重が減らない様に管理する機能です。

これが停滞期の原因です。

ダイエットで食事の量(カロリー)を急に減らして、体重が減りはじめたことで、「飢餓状態かもしれない」と体が危機を感じ停滞期に陥ります。

やってはいけない事。

体重が減らないからと言って、食事の量(カロリー)を減らすのは、とても危険です。

ただでさえ、体が危機を感じているのに、さらに食事の量(カロリー)を減らすのは得策ではありません。

また、過剰に運動したりするのも、良くありません。体は省エネモードになっているのに、さらにカロリーを使う運動をしてしまうと、逆効果です。

※カロリーが足りなくなると、筋肉を分解し、足りないカロリーを補おうとします。筋肉が減ると、代謝が下がり痩せにくい体になります。

乗り越え方。

根本的な考え方を変えてみてはいかがですか?

今までの考え方。

体重が減らないから悩みますよね。


ダイエットを始める。

   ↓

停滞期が来る。

   ↓

やり方を変える。

   ↓

結局減らない。

   ↓

ダイエットをやめる。

これからの考え方。

この記事で書いたとおり。停滞期は絶対に来ます。逆に、自分のダイエットが上手くいっている、という事です。

なのでこれからは。


停滞期が来る。

   ↓

うまく言ってると思い込む。

   ↓

そのまま続ける。

   ↓

体重が減る。

   ↓

ダイエット成功!!

この様に気持ちを持っていきましょう。





Follow me!