お正月で増えた体重を、すっきり解消!




お正月が終わり、体重計を見てびっくり!!なんて事になっていませんか?でも、大丈夫。今からはじめて、今月中に正月太りをリセットしょう。

お正月で太る原因と予防のコツ。

原因1、糖質の多い正月料理。

おせち料理はヘルシーに見えて、意外と糖質が多いメニューなので注意が必要です。特に、栗きんとんやだて巻き、黒豆など砂糖をたっぷりと使っています。知らず知らずに、糖質を過剰摂取しています。おせちは少なめに食べるのがポイント。

お餅も、とてもカロリーがたかいです。お雑煮などは、お餅を半分にカットし、野菜などを、メインで食べるなどしカロリーを減らしましょう。

原因2、ダラダラとした食べ方。

年末年始は人が集まったりして、通常の食事よりも、ダラダラと食べたり、テレビを見ながらお菓子などを食べたと、通常の食事よりも時間が長くなったりする傾向があります。

時間をみて長くならない様に心がけたり、間食を減らす様にする事でダラダラ食べをやめましょう。

原因3、残り物消化で食べ過ぎる。

人が集まると、結構な料理を準備します。その料理が余ると、もったいないと思い、余計食べてしまったり。お菓子なども残っているからと、食べてしまったり。消化をするために食べ過ぎてしまいます。

過剰な料理やお菓子などの購入を控えた方がいいでしょう。

原因4、お酒の飲み過ぎ。

お酒にもカロリーはもちろん存在します。またアルコールの悪い所は、食欲が増してしまう事です。飲み続けて深夜に〆を食べていては、太るのは当たり前。抜けられない、悪い循環に陥ります。

どうしても食べたくなったら、炭水化物ではなく糖質の低いビーフジャーキーやスルメなどがおすすめです。また、ビールや日本酒は糖質が多くカロリーが高いので、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒を飲むといいでしょう。個人的にはハイボールがオススメです。

原因5、生活習慣の乱れ。

家でダラダラ過ごしたり、夜遅くまで夜更かししたり、運動量が減少と、太りやすい生活習慣に、なりがちです。食事を見直し、食生活を改善させても、生活習慣のが乱れていては、太りやすい体質になります。

初詣や初売りに行くときは、ウォーキングを意識しましょう。ひじを後ろに大きく振って肩甲骨周りを刺激し、脂肪の燃焼につなげましょう。

1月中に正月太りをリセット。

お正月も終わり、今月も残り約3週間。この3週間で正月太りをリセットしましょう。

運動を取り入れる。

1日、軽いウォーキングを30分取り入れてくだい。通勤、通学を徒歩にする。一つ先のバス停まで歩く、早起きをして30分を作るなど。

時間は作るものです。これだけでも3週間あれば、体は変わります。

食事の見直し。

もちろん食事も改善します。タンパク質を意識し、お肉、お魚の料理を食べる。夜は炭水化物を抜くなど。できたら、お菓子、ジュース、アルコールは控えましょう。

食べる時間帯を決める事で体内時計を整えてみましょう。それだけでも無駄な間食は減ります。

生活習慣の改善。

先程も言いましたが、生活習慣も大切です。夜は夜更かしせずに、寝る時間、起きる時間を決め、規則正しい生活をしましょう。

睡眠時間は人によってバラつきはありますが、6〜8時間を目安に取る様にしましょう。

まとめ。

お正月は太りやすい季節です。自分に当てはまる原因を見つけ、それにあった対処をしましょう。

焦る必要はありません。3週間でも元には戻ります。食生活、生活習慣を見直し、健康な体を作りましょう。




Follow me!