ダイエット中に居酒屋で頼むもの【お肉編】




こんにちは、ダイエッターの獅子丸です。

ダイエットをしている時の飲み会などどうされていますか?

今日は飲み会居酒屋などでのダイエット中の食べ物お肉編という事でまとめました。ぜひ読んでみてください。

飲み会、居酒屋も楽しもう

飲み会などに行くと、ダイエット中何を食べて良いかも分からず。楽しめないってことありませんか?

だからといって、飲み会を断り続けても、人間関係がうまくいかなくなったりしますよね。

せっかく行くなら、楽しみながらダイエットを行いましょう。

お肉料理を三つに分ける

お肉料理タンパク質とても豊富です。

お肉料理を全く食べていけないわけではありません。肉を調理する時に使う油などがカロリーを上げるため、控えた方がいいのです。

逆を言えば、脂質を使わず調理するものは食べても平気です。

お肉料理を3つに分け食べる量を考えれば、そんなに問題はありません。次の日の体重は増えるでしょうが、脂肪になるのを極力なくす努力が大切です。

基本は高タンパク低脂質

ダイエットの基本、高タンパク、低脂質です。

料理などでいうと

  • ローストビーフ
  • 鳥のたたき
  • 馬刺し
  • 牛タン

などといった、ほぼ油を使わずに食べることのできるもの。

この辺りの食材は基本食べてもそこまでのカロリーはないかと思います。

塩などで食べれるもの

調理には多少油を使ったり、肉自体に脂があるため、つけるものは基本的に、塩で味付けされたもの、タレなどは控えたいですね。

  • 焼き鳥(塩)
  • 鳥の炭火焼
  • つくね

など脂を落としながらあっさりと塩味で食べれる焼き鳥などは、安心していいかと思います。

資質を多く使うもの

ここが、気をつけたいポイント。

アルコールを飲むと欲しくなる唐揚げ、トンカツなどの脂っこいもの。

脂が多いとたしかに美味しいです。

この食べ物の量をいかに減らせるかが、ダイエットを成功させるかの鍵となります。

  • 唐揚げ
  • チキン南蛮
  • とんかつ
  • ホルモン

などの脂っこいものです。

美味しいのは分かりますが、ダイエット中であれば、一品にしておきたいところ。

まとめ

ダイエットをしているから、何も食べれない事はありません。

せっかくの飲み会、外食ですので楽しく過ごすのがストレスもなくいいかと思います。

そのためには気をつけるポイントを踏まえて頑張りましょう。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です