バレンタインデーの意味、起源とは?




2月14日はバレンタインデー。でも、そもそも「バレンタイン」って何でしょう。その意味や起源を知っていれば、イベントの楽しみ方も違ってくるはず。ここでは、バレンタインデーについてわかりやすく説明していきます。

バレンタインデーとは何?

実は、バレンタインデーの、バレンタインは人の名前なんです。この人物について少し見てみたいと思います。

皇帝クラウディウス二世

西暦3世紀半ば、皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は、若者が戦いに参加したがらないので、どうしたら良いのかわからず、困り果てていました。しかし、クラウディウス二世はついに、若者が戦いに参加しない理由を突き止めます。その理由は、愛する家族、愛する者のそばから離れたくないという事でした。そしてその対策として、結婚自体を禁止にしてしまいました。

バレンディヌス

ところが、イタリア中部にある町インテラムナ(現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みではバレンタインは、結婚ができない、かわいそうな兵士たちをみかねて、皇帝クラウディウス二世に内緒で結婚をさせていました。その事が皇帝にバレてしまいました。しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていた事もあり、皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしました。

しかし、バレンティヌスはそれを拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦269年2月14日に、処刑されてしまったということです。(270年という説もあります)。

バレンタインデーの始まり

ルペルカーリアという祭が始まりとされています。

ルペルカーリアとは?

ローマでは豊穣の神ルペルクスをまつるお祭りがあり、何百年も続いていました。

内容は、毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が、入れ物に入れられ、祭が始まる15日に、男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間一緒に過ごすというものです。中には1年間も付き合いをするという場合もあったそうです。翌年になると、また同じようにくじ引きをします。

教皇ゲラシウス一世

496年になり、当時の教皇ゲラシウス一世は、若者たちの風紀の乱れを止めるため、ルペルカーリア祭を禁じました。代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。それは、女性の代わりに聖人の名前を引かせ、1年間のあいだその聖人の人生にならった生き方をするように励ますものです。

そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃に殉教していた聖バレンティヌスを、新しい行事の守護聖人としたのです。

次第に、この日に恋人たちが贈り物やカードを交換するようになっていきました。

どうして、チョコを渡すのか?

チョコレートを女性が男性に贈るのは、実は、日本独自の習慣なのです。欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。

日本にはどのように浸透したのか

昭和7年(1932年)に、モロゾフの創業者が、この日に贈り物をする欧米の習慣を紹介したのが始まりと言われています。

その後、昭和40年代から、森永製菓も普及活動を行い、昭和50年代に全国各地にチョコレートが定着しました。

日本では独自の進化

現在の日本では、職場で女性社員が、上司や同僚にチョコレートを贈る「義理チョコ」も定着している他

仲のいい友達に渡す、「友チョコ」、男性から女性に贈る「逆チョコ」、自分自身へのご褒美で買う「ご褒美チョコ」など、日本独自に進化を続けています。

まとめ

普段気にもとめない、イベントでも、調べてみるといろんな事がわかります。

起源は古く、日本に定着したのはつい最近。また日本では独自の進化を続けている。これからも、もっと進化しそうですね。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です