体脂肪を知り、ダイエットを成功させる。




お腹周りや、腕、太ももについたお肉、減らすために、頑張ってダイエットされていると思います。

そんな厄介な脂肪ですが、もちろん、まったく不必要なものではありません。それなりに役割があります。ただ、貯めすぎなだけは良くありません。

脂肪について。

役割。

脂肪にもちゃんとした役割が大きく3つあります。

  1. エネルギー源として貯めておく。
  2. 体を温める。
  3. 衝撃などから守る。

エネルギー源として貯めておく。

皆さんもご存知の通り、いざと言うときのエネルギー源として、体に蓄えています。なので、ご飯を食べれない日が続いても、生きることができます。

体を温める。

人の体温は、約36度代です。周りの気温が低く寒い所でも、体の周りに、脂肪をつけることで、体温を保つことができます。

これはとても、大切なことです。

衝撃などから守る。

脂肪は基本、お腹周りにつきやすくなっています。それは外部からの衝撃などを、守るための役割もあります。

また、肺などは、ろっ骨で覆われていますが、お腹周りは、腹直筋がある程度で、骨はありません。なので脂肪をつけ臓器を守ろうとします。

これがお腹に、脂肪がつきやすい原因です。

1キロの脂肪を減らすためのカロリー。

脂肪は1キロあたり減らすのに、約7200kcalを消費しなくてはなりません。

これは、かなりのkcalです。

コンビニのおにぎりが一個あたり約200kcal前後です。

脂肪を1キロ減らすのに、コンビニのおにぎりの約36個分のカロリーを消費しないと減りません。

それなのに、短期間で10キロ落とした。と言う方が多いのですが、脂肪よりも水分が減ったりした事になります。脂肪の減るスピードは、急には難しいです。

燃焼スピード。

運動。

運動で落とすにはどれくらい必要か?

ランニング1時間 約450kcal

水泳1時間 約600kcal

ゴルフ1時間 約220kcal

こうみると、かなりの時間運動をしないと、脂肪を1キロ減らせないことが分かりますね。

食事。

コンビニのおにぎり 約200kcal

食パン一枚 約180kcal

かけうどん一杯 約400kcal

運動に比べ、食べ物は比較的に落としやすいかと思います。1日一つづつ減らすだけでも、効果は現れます。

まとめ。

まとめとして、脂肪はエネルギー源として貯めている体温調整の効果がある衝撃などから守る大切な役割があり、減らし過ぎは良くない。

脂肪を1キロ減らすのには、約7200kcalの消費が必要。

運動で落とすより、食事で少しづつ落とした方が効率がいい。




Follow me!