成人式の始まり。古くは奈良時代、確立は戦後。




2020年、成人式を迎えられた皆さん、おめでとうございます。

筆者も早いもので、成人してから10年が経ちました。節目という事もあり、成人式についてまとめてみました。

成人式の由来。

成人を祝う儀式は、古くからあります。男子には『元服』(げんぷく)女子には『裳着』(もぎ)、昔から、大人の仲間入りという、お祝い事はありました。これが、現在の、成人式の元になっています。

元服とは?

男子が行う元服。奈良時代以降の日本で成人を示す儀式として行われていました。

「元」は首(=頭)「服」は着用を表すので、「頭に冠をつける」という意味があります。年齢で言うと、12歳から16歳の間で行われていました。

裳着とは?

平安時代から安土桃山時代にかけて、女子が成人したことを親戚、周りの人に対して示すことを目的として行われた儀式である。

江戸時代以降は女性も元服と称し、結婚と同時に、あるいは未婚でも18歳から20歳くらいで行っていた。

戦後に大きく変わる。

日本における今日の形態の成人式は、戦後、昭和21年、埼玉県で行われた『青年祭』がルーツとなっているのが定説である。

青年祭とは?

青年祭は、敗戦後間もない日本が、『次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ます』ため行ったものです。

昭和23年(1943年)、日本国政府が、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと成人式が確立。

昭和24年(1949年)には、1月15日成人の日として定めました。これがきっかけで、成人式の元が全国に広まりました。

平成で変わる。

平成に入りまた大きな転機が訪れます。平成10年(1998年)の、祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴い、平成12年(2000年)から、1月の第2月曜日となりました。

ハッピーマンデー制度とは?

公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したため、月曜日を国民の祝日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定されました。これがハッピーマンデー制度です。

まとめ。

成人式の起源は古く、奈良時代まで遡る。

男子は、元服(げんぷく)

女子は、裳着(もぎ)

戦後、埼玉県で行われた、青年祭が始まり。

昭和23年に、国が確立。

平成に入り、祝日法改正のため、1月の第2月曜日に変更。

意外と知らない事が多かったです。




Follow me!