時間と、お金をかけない筋トレ。




筋トレを始めるにあたり。

  • 筋トレをやる時間がない。
  • ジムに行くお金がない。
  • 家に筋トレ器具がない。

このような事で、筋トレから逃げている方いませんか?

この記事を読む事で、上記の悩みを解決していきましょう!

筋トレをやる時間がない。

筋トレについて

筋トレは時間がなくても、正しく筋肉に負荷をかけてやる事で、筋肉は肥大します。

時間をかければ良いという物ではありません。

ちゃんと負荷をかけて休養をとる。これを継続する事です。

時間の作り方

1日5分を目標にしてみてはいかがですか?

時間は、作るものです。

  • 5分早く起きたり。
  • 3回の食事時間を2分縮めて時間を作ったり。
  • お風呂の時間を短くしたり。

方法はいくらでもあります。時間を有効に使いましょう。

筋トレのローテーション

筋トレは、部分的に鍛えた方が効率がいいです!1回の筋トレで、全身を鍛えてしまうと、全身を休めなくてはいけません。

しかし、部分的に筋トレを行う事で、休養を挟みながらできます。

私の場合は1日に1箇所を鍛えるようにやっています。

背中→胸→足のローテーションです。

このようにやると、背中を鍛えてから2日は休めることができます。胸も足も、同じように休めることができるので、このようにローテーションを組んでいます。

筋トレのメニュー

どんなことをしたら良いのか悩みますよね。最初は器具を使う必要はありません。

誰でも出来る自重トレーニングから。

  • 腕立て
  • 腹筋
  • 背筋
  • スクワット

このようなメニューから始めてみると良いと思います。

大事なのはセット数です。

例えば、腕立てて伏せ。

  • 1セット→10〜15回
  • 3〜4セット

1日にこれくらいなら、5分でできると思います。これだけでも効果はあります。このように、少しずつ始めて、習慣化することをお勧めします。

ジムに行くお金がない。

ジムの必要性

時間はあっても、ジムに月々、1万以上お金を出すのはちょっと考えますよね‥

入会しただけで続かなかったりして、お金の無駄になるんじゃないかと。

そのように考えているうちは、まだ行く必要はありません。

コンテストや大会に出るのであれば話が別ですが、ダイエット目的であればそこに投資はしなくていいです。

お金をかけずに筋トレ

お金をかけずに、筋トレできる場所があります。それは、公園です。

公園にはいろいろな遊具があります。鉄棒や滑り台など、それを工夫して使うことで、筋トレはできます。

鉄棒で懸垂、足をかけて、腹筋など、体には良い刺激になるはずです。他にも考えるといろいろあります。

私も、子供達と行ったついでに、筋トレをしています。遊び感覚でできるのでいいと思います。

※注意点として、公共の場なので、基本的なルールは守ってください。

家に筋トレ器具がない。

筋トレの器具について

ダンベルから、ベンチ、バーベル、ジムにあるような、本格的な機材までいろいろあります。

しかし、この様なものが家にあるって方は少ないと思います。

大きな負荷をかけられて、筋トレのバリエーションも広がる!!欲しいのも事実ですが、場所をとります。

自重でやれる筋トレ

お勧めは、まず自重から、やる事です。

  • 腕立て
  • 腹筋
  • 背筋
  • スクワット

お勧めはコレですね。これが、定着して、何かしらの負荷気欲しい方には良い情報があります。

器具を作る。

そう器具を作る事です。

もちろん、本格的なやつは無理です。家庭にあるものを使って、筋肉に負荷をかける。

私が、使っているのは、ペットボトルです。

2リットルのペットボトルに、水を入れて、ダンベルに使います。結構いいしげきになりますよ。

それでも軽いのであれば、土を入れてから水を入れてください。水だけよりは遥かに重たいです。

まとめ

  • 筋トレをやる時間がない。

時間は作るもの、少しずつ何かを削り5分から始めよう。

  • ジムに行くお金がない。

ジムに行かなくても、筋トレはできます。いろんな方法を探してみましょう。

  • 家に筋トレ器具がない。

器具は自重筋トレで、負荷を求める人が使います。初めての方は、自重で充分です。

これで、1つでも当てはまった人が、筋トレを始めるきっかけを掴んでいただけたら嬉しいです。




Follow me!