普通の会社員が、ふるさと納税を初めてやった感想。




どうも株持ち父さんの獅子丸です。

昨年末駆け込みで、生まれて初めてふるさと納税をやりました。

今までやろうと思っていましたが、色々と面倒くさそう‥( ̄д ̄;)

と逃げてましたが、さほど面倒くさくなかったです。やられていない方は、ぜひやってみてください。

ふるさと納税って何?

基本税金は自分の住んでいる自治体に対して、納税しなくては行けないが、都市部と、地方の差をなくせる様に作られたものです。

ふるさと納税は自分が住んでいない自治体に納税し、返礼品をもらえるシステムの事です。

前々からやろうと思っておましたが、なかなか踏み切れず、2020年年末にトライしました。

関連記事:ふるさと納税はやらなきゃ損!絶対にやるべき理由

納税するまでの作業

作業自体は簡単です。

迷うところは、いろんなふるさと納税のサイトがあり、いろんな還元の仕方が有ります。

使うサイトで、ふるさと納税の一部を〇〇ポイントで還元と書いてあるので、自分がどのポイントでどれだけのポイントが還元されるか、そこは確認した方がいいかもしれません。



au payを使ってpontaポイントを還元

私は、au Payのサイトから、ふるさと納税を行い、pontaポイントをいただきました。

作業という作業は無く、インターネットでお買い物する程度。

特段難しいことはなく、au Payのサイトより、ふるさと納税を選び、そこから欲しいものを選ぶだけ。これはとても簡単でした。

納税後が大切、忘れては行けない申告。

そこまで出来たら、後は返礼品を待つだけ。返礼品が届いて終わり!と思いきや忘れては行けないのが、確定申告!

申告をしないと納税したことになりません。しかし、うっかり、忘れてしまうのも分かります。

条件が合えばワンストップ特例制度を活用

確定申告の必要がなくなる、ワンストップ特例制度というものがあります。

簡単に説明すると、ふるさと納税を行なった自治体が、代わりに納付の申告を行ってくれるというものです。それには、条件があり。

  • 年間の納税自治体が5つ以内であること
  • もともと確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者等であること

この条件が満たしていれば、ワンストップ特例制度を受けることができます。

購入の際に申請して、返礼品と一緒に用紙が送られてくるので、必要事項を書き、身分証明書のコピーと一緒に送り返すだけでいいのです。

これだけで完了!



届いた返礼品!!

待ちに待った返礼品!私は魚介類と牛肉で迷いました。

そして選んだのがこちら!

黒毛和牛のお肉です!!!!!!!!!

魚介類も良かったのですが、やはりお肉には勝てませんでした( ̄∀ ̄)

この後、私は美味しくいただきました(*´∀`*)

ふるさと納税を迷われているなら絶対にやるべきです。

こちらから他にも投資、報告記事一覧が確認できます。


↓↓ブログランキング参加しています。みなさんの応援が力になります、よろしくお願いします↓↓


素人投資家ランキング




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です