朝食を摂るメリットとは?【朝食の注意点】




どうも、ダイエッターの獅子丸です。

ダイエット中に限らず、朝食を食べる時間は皆さんどうですか?朝食についてまとめました。

簡単に読めるので、良かったら読んでみてください。

朝食の大切さ

朝食は1日の始まりの最初の食事です。食パン一枚などで終わらせてませんか?

朝食を摂ることで体にもメリットがあります。

ダイエットにも関するメリット3つ、ご紹介します。

  1. 体内時間が整う
  2. 暴飲暴食につながる
  3. 体の代謝が上がる

それでは行ってみましょう!

体内時計が整う

起きたすぐは、体の臓器も寝ています。

朝食を摂ることで、体の臓器が起き、活動を始めます。そうする事で、体内時計がリセットされ1日の始まりとなります。

朝食を取らず、昼近くに食べると、昼にはお腹すくはずもなく、3時ごろになると、小腹が空いてきませんか?

こうやって、食べる時間、体内時計が狂う原因となります。

出来るだけ、をお勧めします。

暴飲暴食を防げる

ダイエットで朝ごはんを抜くと、どうしても思い込みが激しくなってしまいます。

朝はごはんを食べてない』

朝はカロリーは取ってない

などと、思い昼ごはん間食夜ごはん食事量多くなってしまいます。

取ってないから大丈夫が、結局は食べて大丈夫になってしまいます。ダイエット中はこれが1番怖いです。

軽食でもいいので、出来るだけ朝食を取るようにし暴飲暴食を防ぎましょう。

体の代謝が上がる

朝食を摂ると体の臓器が働きだします。

朝から臓器を起こし、動かす事で代謝も上がります。

いきなり朝食を取ると臓器も驚きますので、起きたすぐに、お白湯を飲み、臓器に負担をかけないようにしましょう。

そんなに変わるのかと思うでしょうが、『継続する事は力なり』長い目で見ると格段に変わります。

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

注意点

30分あける

注意点としては、起きてすぐの朝食は避けたいです。臓器にも負担がかかるからです。

食べる際は、起きて30分ぐらい開けるのがベストです。

タンパク質を意識する

タンパク質はとても腹持ちがいいです。

朝ごはんを取る際は、ぜひ高タンパクを心がけるとお昼までの時間を間食せずに過ごせます。

合わせて読んでいただきたい記事

ダイエット中の食事【お米について】

ダイエットに大切なPFCバランス、そもそもPFCとは?

よかったら読んでください。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です