獅子丸の投資スタイル




こんにちは、獅子丸です。

2020年7月より投資を始めした。そんな私の投資スタイルをご紹介したいと思います。

投資に興味があるけど、どうしていいのかわからない方へ、このような投資方法があると言事をお話ししていこうと思います。

ある一冊の本と出会った!

私は今年に入り、コロナ禍の中YouTubeをよく見るようになりました。

そこで、オリエンタルラジオの中田敦彦さんの動画が目にとまり、投資の動画を出されていました。

そこで紹介されていたのが、バフェット太郎さんの「馬鹿でも稼げる米国株高配当投資」という本でした。

関連記事:久しぶりの投稿、コロナ自粛で得たものとは?

バフェット太郎さんの「米国株高配当投資」とは

バフェット太郎さんという方が出されている本は、本当に、馬鹿な私でも解りやすくまとめてあります。

このバフェット太郎さんは、20代で投資をはじめられ、資産を増やされた方です。

現在は主に米国株を中心に投資をされていて、10銘柄を10%づつ保有されています。

彼のやり方は、長期保有を基本とし、配当金を再投資し、複利の力で資産を増やすという方法です。

馬鹿な私でも解りやすく、とても良かったです。

【新品】バカでも稼げる「米国株」高配当投資 ぱる出版 バフェット太郎/著posted with カエレバ楽天市場で探すAmazonで探す価格.comで探す

米国株のメリット

米国株のメリットは、4つあります。

それぞれ見ていきましょう。

年間4回の配当

年間4回の配当があります。

年4回の配当があるということは、再投資がしやすいという事です。

日本株は、年間に1~2回の配当しか出ません。アメリカと日本の株主に対しての思いの違いと思います。

米国株の伸び

米国株は、日本株、先進国株に比べ右肩上がりです。

数年に一度株価が落ちることがありましたが、その後は、高値を更新し続けています。

今回のコロナショックでも、株価は元同りか、それ以上になっています。

長期保有の利点

バフェット太郎さんは、株は長期保有をすることが前提として挙げられています。

短期で利益を出すのは、株価の上がり下がりで、売り買いすることで出すものです。

しかし、投資のプロでさえ、株価の上がり下がりを当てるのは相当難しく、利益は出しにくいものです。

それを、素人ができるはずもありません。

それなら、長期で見るとパフォーマンスのいい米国株になるというわけです。

複利の力を引き出す

投資をして、配当金を再投資をすることで、利息にも利息がかかり、長い目で見ると大きな利益を生むことができます。

あのアインシュタインが「複利は人類最大の発明」とまで言っています。

相当大きな発明だったのでしょう。

獅子丸のスタイル

この本の影響を受け、私、獅子丸も米国株に投資をはじめました。

もちろん、長期保有を行い、配当金は再投資し複利の力を得られるようにしています。

投資に興味がある方は、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

↓↓応援よろしくお願いします。↓↓


素人投資家ランキング




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です