糖質制限での注意!!糖質の減らし過ぎは、逆効果?




最近増えた、糖質制限ダイエット。周りでも、糖質制限をやっている人が多くなってきました。

糖質制限ダイエットは、やり方によっては、リバウンドの恐れが大きく、危険なダイエットと言っても過言ではありません。

糖質制限とは?

糖質制限とは、食事の糖質を極力カットする食事法のこと。この糖質とは、人間の生命維持や身体活動などに欠かせないエネルギー源となっている、3大栄養素「たんぱく質・炭水化物・脂質」のうちのひとつ、「炭水化物」の一部です。

炭水化物は、消化吸収できる糖質と、消化吸収できない“食物繊維”に分かれます。この糖質を抑えて行うダイエットが、糖質制限ダイエットと呼ばれています。

糖質制限でなぜ体重が落ちるのか?

インスリンの分泌を抑える。

糖質は、たんぱく質や脂質に比べ、摂取したとき、血糖値が急激に上昇します。血糖値が急に上がると、それを抑えるためにホルモンの1つである「インスリン」が多く分泌されることになります。

インスリンは、血液中の糖分を脂肪細胞に取り込む働きがあります。インスリンが多く分泌されるということは、血液中の余った糖分を脂肪細胞に引き込み、体脂肪を増やしてしまいます。なので糖質を制限し、血糖値の急激な上昇を抑え、インスリンの分泌を抑えます。

エネルギー源として脂肪を使用する。

体を動かすエネルギーである糖質。この糖質が少なくなると、体内ではエネルギー不足を補うため、体に蓄積されている中性脂肪や体脂肪を分解してエネルギー源を作り出そうとします。

中性脂肪を分解するとき、肝臓で「ケトン体」と呼ばれる物質が生まれます。このケトン体が糖の代わりとなり、カラダを動かすエネルギー源となるのです。つまり「糖質が不足しているから、脂肪を分解してエネルギー源となるケトン体をどんどん生み出そう!」という、本来備わっているカラダの仕組みが働くために体脂肪が減少していきます。

これが糖質制限で体重が落ちる仕組みです。

糖質制限で太る原因。

糖質を制限しても体重が減らないという人がいます。その原因は、糖質(炭水化物)の取りすぎです。炭水化物は、ご飯だけではなく、野菜にも含まれています。

体重が減らない原因は、意外なところで炭水化物、を取っているのが原因です。

糖質が少なくなると。

糖質が少ないと、ケトン体をエネルギーとしますが、あまりにも糖質が少ないと、筋肉を分解し、エネルギーを得ようとします。これを筋分解といます。筋分解が行われると、筋肉量が落ち、代謝が下がります。代謝が落ちると、脂肪の燃焼が悪くなります。

1ヶ月で10キロ痩せたと言いますが、大半は筋肉が落ちています。これがリバウンドの大きな要因です。これを防ぐため、タンパク質を多く取り、筋トレを行い、筋分解を防ぐ必要があります。

まとめ。

糖質を、制限し。インスリンの分泌を抑える。

インスリンを抑えることで、中性脂肪を分解してエネルギーをえる。

その時に生まれるのがケトン体、このケトン体を、生成し、エネルギーとします。

糖質制限で太るのは、知らず知らずのうちに、炭水化物を取りすぎています。

野菜など、意外と糖質の高い食べ物があります。そこを見直す事が、ダイエット成功の近道です。




Follow me!