納豆に含まれる、納豆キナーゼと大豆イソフラボン、ダイエットに効果的!!




国立がん研究センターより、納豆に新たな論文が発表されました。記事はこちらから読めます。納豆に新たな力があった!!

納豆にあるダイエット効果

納豆はカロリーも低く、タンパク質豊富で、ダイエットに最適な食べ物です。また、食物繊維なども豊富に含まれているので、健康にもいい食べ物です。

納豆のダイエット効果

  • 脂肪の燃焼効果アップ
  • 腹持ちが良い
  • 肥満予防効果

それでは解説していきます。

脂肪の燃焼効果アップ

納豆キナーゼ

納豆といえば、ねばねばした成分『納豆キナーゼ』一度は聞いた事がある人がほとんどではないでしょうか。

納豆キナーゼの酵素の力で、血栓を溶かし、血液をサラサラにして、血行をよくする効果があります。

結果、血行が良くなり代謝が上がり脂肪燃焼の効果アップに繋がります。

アディポネクチン

痩せホルモン(長寿ホルモン)と、呼ばれる『アディポネクチン』納豆を食べると、このアディポネクチンが多く分泌されます。

このアディポネクチンとは、脂肪を燃焼させる効果があります。


結果、納豆キナーゼで、代謝をあげ、アディポネクチンで脂肪を燃焼する。

腹持ちが良いので間食が減る

消化が遅い植物性タンパク質

納豆は、大豆食品で、『植物性タンパク質』を多く含んでいます。

この植物性タンパク質は、消化に時間がかかるため、腹持ちが良く、無駄な完食を減らす事ができます。


納豆を食事に取り入れて、カロリーをさげたり、小腹が減った時に、食べる事で、無駄なカロリーを防げます。カロリー制限ダイエットをやっている方には、もってこいの食べ物です。

肥満予防効果

納豆には多くの『大豆イソフラボン』が含まれています。この大豆イソフラボンについて少しまとめてみました。

コレステロール値を下げる

大豆イソフラボンには、コレステロール値を下げる効果があります。だからといって、大豆イソフラボンの取りすぎもいけません。体のホルモンバランスが崩れる原因になります。

大豆イソフラボンは、1日納豆、1パックを目安に食べると良いでしょう。

美容にもいい

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをします。肌のハリを維持したり、シミや、シワを予防する効果があります。

しかし、こちらも、摂りすぎはホルモンバランスが崩れるので、量は気をつけましょう。

まとめ

納豆キナーゼには、結構サラサラ効果があり、アディポネクチンで燃焼効果アップ。

納豆は腹持ちが良いので、ダイエットに効果的。

コレステロール値を下げる効果もあり、肌にも良い成分がある。




Follow me!