iDeCoとはどの様な制度?メリットについて解説。




どうも株持ち父さんの獅子丸です。

ついに人生100年時代と言われ、老後に不安を抱える人が多いのではないでしょうか?

今回は、自分で作る年間、iDeCo(イデコ)について解説していこうと思います。

iDeCoとは何なのか?

iDeCoは、個人型確定拠出年金(こじんがたかくていきょしゅつねんきん)と言います。

平成141月に始まった制度で、わかりやすく言うと。

『自分の自分による自分のための年金』

に近いものです。

制度について

公的年金、確定給付企業年金は、国や企業などの責任で、その資産を運用していた年金の事です。

確定拠出年金と言うものは、自分の資金を自分の責任において行うものです。

自分で運用商品を選び、それを自分の資金で運用し、自分で受け取る年金制度となります。

加入の条件

iDeCo公式サイトより引用

iDeCoは、基本的に60歳未満の全ての方が加入可能です。

それに加えて、3つの条件があります。

  1. 国民年金の第1号被保険者
  2. 60歳未満の厚生年金保険者の被保険者
  3. 国民年金の第3号被保険者

に当てはまる人です。

国民年期の第1号被保険者

自営業者など、農業者年金の被保険者を除く国民年金保険料の免除などを受けている方が対象になります。

60歳未満の厚生年金保険者の被保険者

・企業年金制度のない会社員の方。

iDeCoに加入することを認めている企業型確定拠出年金の加入者の方。

・確定給付企業年金・厚生年金基金に加入している方。

・国家公務員・地方公務員の共済組合員の方、及び私学共済の加入者の方。

私学共済の加入者の方のうち、iDeCoに加入することを認めていない企業型確定拠出年金の加入者の方は加入できません

国民年金の第3号被保険者

専業主婦(夫)の方など。



iDeCoの3つのメリット

iDeCoの1番気になるところ、何がどういいのか?

iDeCoは大きく3つのメリットがあります。

  1. 掛金の全額が所得控除される。
  2. 運用費が全額非課税。
  3. 受給時に所得控除が受けられる。

少し簡単に解説します。

1.掛金の全額が所得控除さられる。

コツコツ毎月貯める金額(掛金)が、所得控除されます。

普通、所得に対して税金がかかりますが、このiDeCoにかけた金額は、所得税の対象外になるため、税金が安くなるという事です。

2.運用費が全額非課税。

NISAと同様で非課税になります。

iDeCoNISAと違いは、非課税期間限られてい無いと言う事です。これが最大のメリットです。

期間が長いと言うことは、複利の力が使えるので、やってみてもいいかもしれません。

複利についての記事もあります、よかったら下記からご覧下さい。

複利は人類最大の発明!複利を最大限使った投資方法

3.受給時に所得控除が受けられる。

受給年齢になった時にも税金の控除が受けられます。

一時金として受け取る場合『退職所得控除』と言うものが受けられます。

また、年金で受給する場合『公的年金等控除』の対象になります。

受け取る時も、税金対策ができているのでとても優秀です。

iDeCoの注意点

もちろん良いところもあれば、悪いところも存在します。

悪い部分も知った上で始める事をおすすめします。それでは見ていきましょう。

  1. 月の積み立て上限がある。
  2. 解約(途中で引き出す事)ができない。

この2つは気をつけるポイントです。

1.月の積み立て上限がある。

非課税期間に上限がないので、多くのお金を注ぎ込もうと思ったあなた。

残念なことに、月の上限金額が決まっています。

iDeCo公式サイト引用

これを見ると、そんなに多く出来ないことが分かります。

2.解約(途中で引き出す事)ができない。

始めたものはいいものの、途中で解約ができないという事が大きな問題です。

人生何があるかわかりません。お金が必要な時はくると思います。

しかし、積み立てたお金を引き出す事ができないというのは致命的です。

入れたら、引き出せる時が来るまでは、無いものとなります。

iDeCoに似ている、NISAについてもよかったらご覧下さい。

NISAと積み立てNISAの特徴、違いについて。


↓↓ブログランキング参加しています。みなさんの応援が力になります、よろしくお願いします↓↓


素人投資家ランキング




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です