証券会社を選ぼう【ネット証券と店頭証券の違い】




どうも株持ち父さんの獅子丸です。

株式や、投資信託の取引をするにあたり、窓口となるのが、証券会社です。証券会社もたくさんあるため迷ってしまいます。

現に私も数ある証券会社で迷った経験があります。

これから投資を始める方、証券会社で迷っている方に、ネット証券と店頭証券の違いや、特徴をまとめました。

ぜひ参考にして頂けたらと思います。

投資の必要性の記事もありますのでご覧ください。

関連記事:投資をやるべき理由、最大のリスクは投資をしない事。

ネット証券と店頭証券。

証券会社には、大きく2つあります。イッターネットのみで取引をする、『ネット証券』と店頭で直接売買を行う『店頭証券』です。

おすすめは、ネット証券です。現に私は、ネット証券を使っています。

ネット証券とは

ネット証券とは、店舗での売買をせずに、インターネットのみでの取引をする証券会社です。

インターネットを利用するため人と、人が対面することがありません。

2020年のコロナ禍でも、家にいながら、人と会う事なく口座開設ができるため、ネット証券口座開設数は右肩上がりに伸びています。

ネット証券の特徴

口座開設や、取引がネットでできるネット証券。そんな、ネット証券の特徴をご紹介します。

いつでも、どこでも取引ができる。

今は、ネット環境が進み、誰でもスマホを持っている時代です。いつでもログインできる状態にあります。

そのネットを使う事によって、『どこにいても時間を気にすることなく取引ができます。』

一昔前は、パソコンが主流でしたが、今ではスマホ一つでパソコンの代わりができ、投資だって始められます。

ネット証券の1番の強みと言えるでしょう。

手数料が安い。

ネットでの取引をするため、店頭証券会社に比べて店舗代、人件費が削減できます。

そのため、店舗を構えている証券会社よりも、手数料などを安くする事が可能になりました。

投資信託に至っては、運用管理費もかかります。この運用管理費は保有しているだけで発生します。この点にも注意してください。

なので、運用管理費も安い、ネット証券がおすすめです。

店頭証券とは

店頭証券とは、店舗を構えて、投資家に担当者(営業マン)をつけたりする証券会社のことです。

担当者(営業マン)がつく対面取引を主に行い、銘柄選択や投資に関するアドバイスをもらえる点です。

店頭証券の特徴

対面で取引が行えて、投資に対するアドバイスなどがもらえる店頭証券の特徴をご紹介します。

さまざまな商品を紹介してくれる

店頭証券には、担当者(営業マン)がつく事で、株式や投資信託だけではなく様々な金融商品を紹介してもらえます。

わからない事や、悩みなども相談に乗ってくれるため、初めての方にとっては、安心できるかと思います。

いろんな情報や、担当者(営業マン)の考えが大きく反映されてしまいます。投資は自己責任なので購入の際は自分の意思で購入する事が大切です。

IPOの取り扱いが多い

IPO(新規公開株)の取り扱いが多いのも、店頭証券の特徴です。

IPOとは、「新規公開株」「新規上場株式」の事で、具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにする事です。

IPOは比較的に利益をあげやすい株になります。

IPOを取り扱っているのは野村證券や大和証券など店頭証券がほとんどなので、投資をする際は、店頭証券で口座を開いた方が有利になります。

まとめ

ネットを扱えるのであれば、ネット証券で口座開設した方がいいかと思います。

取引時間が自由で、手数料も比較的安いためぜひお勧めします。

ちなみにネットに詳しくない私でもできたので、そこそこできる方であれば大丈夫かと思おます。

ネットが全く無理、アドバイスなどを聞きたいという方は、店頭証券でもいいかもしれません。

そのかわり、いろんな商品を提案されますが、投資するのは自分ですので、自分で納得いく商品だけを買うことをおすすめします。

投資をでよく聞くNISAと、積み立てNISAの違いについてまとめていますのでご覧下さい。

NISAと積み立てNISA、どう違うのか?


↓↓ブログランキング参加しています。みなさんの応援が力になります、よろしくお願いします↓↓


素人投資家ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です