2月29日の閏年、実は4年に1度は間違い!!



2月29日がある年が、閏年。4年に1回と思っていませんか?実は4年に1回は間違い!暦の歴史をまとめました。

閏年とは?

閏年(うるう年)は、「じゅんねん」ともいい、閏年ではない年は平年と呼ばれ、平年の1年の日数は365日となっています。

現在までの暦の流れ

今使われている、暦に至るまでには長い歴史の中で少しずつ変えられてきました。

始まりの太陽暦とは?

暦の始まりは、古代のエジプトにまで、遡ります。このとき使われたのが、太陽暦という暦でした。

太陽暦は、その名の通り、太陽の周りを地球が1周するのを365日と決めていました。この時はまだ、常に365でしたので、若干のズレが生じました。

ユリウス暦の問題点

その後、紀元前45年。ローマの英雄ユリウス・カエサル (英語名ジュリアス・シーザー)という人物が現れました。

この人物が、太陽の周りを1周するのに約365.25日という結果を出し、4年に1度、2月の最終日に「29日」を追加して1年を366日とするうるう年が設定されました。

しかし、これでもズレが生じます。正確には平均365.2422日のため平均365.25だと0.0078日ほど長いため、次第に誤差が積み重なって無視できないほどズレてしまいました。

現在のグレゴリオ暦

この問題点を踏まえて、ローマ教皇グレゴリオス13世は、1582年に新たな暦を制定しました。これが、彼の名を取り「グレゴリオ暦」とされました。この暦は、現在でも使われています。

グレゴリオ暦ではまず、ユリウス暦で入れすぎた分を飛ばして、1582年10月4日の翌日を10月15日としました。このうえで、うるう年の挿入ルールを現在と同じかたちに変更しました。

必ず4年に1度ではない閏年

ユリウス暦では、必ず4年1度、閏年を入れていました。しかし、長年使われるうちに季節と暦がズレてしまいました。単純計算では4年でズレが約44分になり、40年で約7時間20分にもなってしまいます。

その誤差に注目して、暦を組み立てたのがグレゴリオ暦です。グレゴリオ暦ではうるう年を400年間で97回とする事で、ズレをなくしています。なので必ずしも4年1度、うるう年になるわけではありません。

まとめ

4年に1度と思っていた閏年は、実は4年に1度ではなかった。

また、太陽暦は古代エジプトに遡り、少しずつ修正され、今のグレゴリオ暦が完成しました。



Follow me!